私のフェイス脱毛で思ったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、二年前に初めてエステ脱毛のフェイス脱毛をしました。私は、もともと脇の脱毛を知人のところで施術していたので、フェイスの産毛にはそこまで悩みがありませんでしたが、鼻下の脱毛をお願いしました。感想は、脇とか体全体よりは脱毛効果が少ないかなと感じました。

ただ、毛が体より薄いので光の反応が少ないと思うので仕方ないと思います。また、体とかと同じで、脱毛は繰り返しが大事だと思います。鼻下の脱毛は毛も薄く、皮膚も薄いので少し光が熱く感じました。あとは、場所によって少しパチっと痛みを感じました。ただ、その痛みは全体的に感じるものではなかったので、続けることはできると思います。

そして、フェイス脱毛で一番気になるのは、脱毛のお店のスタッフに伝えることかなと思います。私自身、フェイスの産毛は化粧の時にフェイス用のカミソリで剃ってから化粧をしていたので、悩みは少なかったものの興味はありました。

 

しかし、やっぱり知り合いでないところのお店でお願いすることには抵抗がありました。私はちょうど知り合いのお店に行ったのでお願いができ、施術を緊張せずお願いできました。そこから感じたものは、恥ずかしがらず誰しもが悩んでいることであることを自覚し、お願いすることだと思います。

 

フェイス脱毛は怖い?痛い?痛くないフェイス脱毛はあるのか?

フェイス脱毛は痛いと思いこんでしまっている人が多いですが、フェイス脱毛は、光脱毛であれば殆ど痛みを感じません。レーザー脱毛だとゴムをパチンと弾くような痛みを感じることもありますが、痛みが気になる場合は出力パワーが低い光脱毛を選べば、怖い、痛いといった思い込みを解消でき、安心してフェイス脱毛できます。

 

フェイス脱毛を行えば、今までカミソリなどの自己処理を行っていたときに起こりやすいカミソリ負けも起こらず、自己処理の回数も減らすことができます。

カミソリなどの自己処理はカミソリ負けなど肌への負担がとても大きいです。

自己処理続けていると肌のダメージを与え続けることになるので、長いスパンで見ればフェイス脱毛を行った方が、脱毛後の自己処理を減らし、脱毛はプロの手で行うので肌への負担も最小限で済みます。

自己処理を続けるよりも肌に優しいので、フェイス脱毛はダメージを抑えながら照射していくので肌の負担を少なくし、むしろ脱毛をした方が美肌を目指すことができるのです。

 

よって、フェイス脱毛は痛い、怖いというイメージを持っている人が多いですが、フェイス脱毛の中でも光脱毛を選べば痛みが少なくて済みますし、カミソリによる自己処理を続けている方が肌にとって悪影響を与えてしまうので、自己処理を続けるならフェイス脱毛を行う方がメリットが大きいと言えます。

 

フェイス脱毛にはどんな方法が?

顔の脱毛にベストな方法というのはいくつもありますが、自己処理をするのであればどの道、カミソリかシェーバーになることでしょう。

 

まず、カミソリは間違いなく、かなり強く、カミソリは上手に使わないと角質層へのダメージがいってしまうことになりますから、これは注意しましょう。それが怖いのであれば電気シェーバーを使う方がよいといえるでしょう。ですから、カミソリは避けられるのであれば避けたほうがよいでしょう。

 

そして、時期も考えることです。日焼けをよくしたときには剃らないといったことも大事です。それと顔のワックス脱毛はさけたほうがよいでしょう。フェイス脱毛においてそれはやめておいたほうがよいでしょう。顔というのはそもそもそんなに強いところではないのです。

 

髭剃りですら不安があるのですからまして、ワックス脱毛をすることは物凄く負担になることがありますから、覚悟しておきましょう。出来ればフェイス脱毛というのは可能な限り、身体に対して、顔に対して負担が軽いようにしたほうがよいでしょう。

 

そうすることによって、上手く処理することができるようになります。男性はそんなに苦しいことではないでしょうが女性にとっては死活問題になります。

 

【合わせて読みたい】アットコスメの口コミでひげに効果があるノイス!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。